高橋律行【顔画像】岡崎市の殺人事件の犯人逮捕。素性がヤバ過ぎる・・・

高橋律行 国内NEWS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高橋律行容疑者、更生施設で生活中だった

なんと報道によれば、今年7月から、愛知県豊橋市の更生施設で生活をしていたことがわかっています。

そんな人物がおこなった犯罪は、

○被害者を結束バンドで拘束し

○目隠しをして

○右脇腹と胸部、首などを複数回刺す

凄惨な事件です。50代にもなって更生施設に入るような人間に、果たして意味があるのか、考えさせられる事件です。

※追記:高橋律行容疑者の素行について

高橋律行容疑者を知る人物はこう言っています。

「祖母から金をもらって、パチンコや博打をやっていた」
「強盗に入られたといって新聞とかでも騒いだんだけど、結果それが偽装工作だった。美容院やっていたがそれがバレちゃって廃業して、そのへんからちょっと行き来がわからなくなった」
「親戚関係でだいぶ借金して、返済もしてない状況だったし500万円から上位の間でずっと何件か借りていた」
「お客さんの(払った)お金を抜いてレジを打たずということがあり怒られたと聞いた。一度『金銭を融通してもらえないか』という話はあった。100万単位だった思う」

金にまつわる悪い噂がどんどん出てくる人物です。しかも無職。

これだけではありません。

高橋律行を全く知らない一般男性が、こんな証言をしています。

「8月頭だと思うけどね、居酒屋で『お金貸してくれ』みたいなことは言っていた」

つまり、全く見ず知らずの人間が目撃することもあるぐらい高頻度に、金に困り続けていたということですね。

そして行き着いた場所が、生田好男さんの殺害なんですから、ギャンブル中毒者の末路というのが一番ふさわしい表現かもしれません。

【※衝撃事実】追記:高橋律行の前科の中身が判明

捜査関係者によりますと、高橋容疑者は2015年7月、生田さんの妻の口座から現金150万円を騙し取ったなどとして逮捕。その後、実刑判決を受け服役していたといいます

なんと高橋律行容疑者が捕まったのは、生田好男さんの妻への詐欺容疑だったそうです。

知人や当時の同僚の証言もめちゃくちゃですけど、もう高橋律行は金に取り憑かれたような男であることがわかります。

ひょっとすると今回の事件、金を要求した末に殺害したのだとすれば、強盗殺人事件にまで発展するかもしれません。そうなれば、無期懲役は免れないでしょう

拘束していた動機が見えてきた

生田好男さんは結束バンドで拘束されて、目隠しをされた状態で刺し殺されるという非常に不可解な事件でした。

しかし高橋律行容疑者の素性を知れば、拘束した理由も見えてくる気がします。

つまり、

①高橋律行容疑者は以前から、生田好男さんに何かしら要求したいことがあった。

②生田好男さんは、要求を拒否

③高橋律行容疑者にはあとがなかった

④脅迫することに決める

⑤生田好男さんを拘束して、脅した

⑥生田好男さんがそこでも拒否

⑦高橋律行容疑者が激昂して刺殺

以上のような経緯があったのかもしれません。

国内NEWS
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トマト箱