清野ひろあき死亡事件【仙台市宮城野区の東仙台交番】犯人の名前は?

国内NEWS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

清野裕彰さん死亡事件の経緯詳細【殉職】

時間は19日午前4持頃

若い男が交番を訪れた

「お金を拾った」と言った

清野裕彰巡査長と巡査部長47歳が対応

巡査部長が別室に戻りしばらくすると、二人が争うような声

巡査部長が二人の元へ急ぐと、清野裕彰巡査長さんが血だらけで倒れていた

男はサブマシンガンのようなもの、そして刃物を持っていた

そして男は巡査長に襲いかかってきた

刃物を捨てろと警告したが従わない

巡査長が3発発砲

男は死亡した

突然刃物で・・・ 警察官刺殺の男“マシンガン”所持か(18/09/19)

亡くなった清野裕彰(せいのひろあき)巡査長


【名前】清野裕彰

【年齢】33

【職業】巡査長

結婚しているかどうかは不明です。ただとてもかっこいい方ですし、年齢も考えると結婚しているかもしれませんし、子供もいるかも知れませんね。交番襲撃という極めて身勝手な事件の犠牲者となってしまったのつらいです。

犯人の名前、顔写真は?

【名前】

【年齢】

【職業】

これらについては、未だに未報道です。情報が公開され次第掲載していきます

もし巡査部長が射殺できなかったらどうなっていたか

巡査長、巡査部長はふたりとも拳銃を持っていたという。

二人分の拳銃が奪われる事件が起こったかもしれない。
亡くなってしまった清野ひろあき巡査長は発砲しなかったというし、近くには中学校だ。その後のことを想像すると恐ろしい。

日本の警察官は、拳銃を使用しないことに誇りを持っている部分があるが、ナイフを持っている男が刃物を向けてきた時点で発砲してもいいように思う。もしそのような制度であれば、清野裕彰巡査長さんが亡くなることもなかったかもしれない。

ナイフを持った犯人に立ち向かっただろう清野裕彰巡査長にご冥福を祈りたい。そして犯人とはいえ人を殺してしまった巡査部長の心のケアをしっかりしてほしい。

交番の対応についての疑問

射殺したことは、最適な対応だったと思います。拳銃が奪われてしまう可能性、更に多くの犠牲者がでたかもしれないことを考えると、巡査部長の対応を避難することはできません。

ただ1つ気がかりなのが、巡査部長が奥の部屋に下がったことについてです。

警察官が2人で対応するのは、このような事態を避けるためではないのでしょうか?そうであるとすれば、今回の事件は防げた事件だったかもしれません。巡査部長が奥に下がった行動の是非に関してしっかりしておかないと、他の交番でも、「1人で大丈夫だろう」と2人で対応するメリットを無くす警察官もいるかも知れません。

ネットの声

犯人射殺は日本でなかなか聞かないけど、発砲した警官はよくやったと思う。
犯人とは言え、人を殺した警官の心のケアをしっかりとしてあげて欲しい。
もしこの警察官が射殺することができなければ、拳銃が奪われて、被害はもっと拡大していたかもしれない。巡査長の方が亡くなったことが本当に残念
これで発砲は正しかったのかどうかみたいな話をするやつは人間じゃないな
30代かよ。しかもイケメンじゃないか・・・
交番に2人いる意味よ・・・
射殺した警察官はよくやったと思う。だけど、交番に2人で勤務しているのは、こういう自体を避けるためなんじゃないのか?別室に移ったのはマニュアル道理なんだろうか。そこは結構重要だと思う
国内NEWS
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トマト箱