越前成旭【聖路加国際病院の眼科医】医師、危険ドラッグ所持逮捕

国内NEWS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

報道内容まとめ

【いつ】9月5日に家宅捜索が入った際に

【どこで】自宅から

【だれが】越前成旭が

【どのように】危険ドラッグを若干量所持していたことで

【なにを】医薬品医療機器法違反で逮捕

【備考】危険ドラッグをインターネットで購入したと見られているようだ。

越前成旭について

【名前】越前成旭(えちぜんなりあき)

【年齢】41

【職業】聖路加国際病院の眼科医

【容疑】医薬品医療機器法違反の疑い

若干量の危険ドラッグを所持していたということですか。ちなみに聖路加国際病院は非常に評判も良く、潔癖な病院でしたが、今回の事件は少なからず印象を落とすことになりそうですね。病院側としては防ぎようがないとはいえ、残念ですね。

そういえば危険ドラッグの名称変更の効果あったの?

危険ドラッグは、2014年爆発的に検挙数が増えたことで(前年比5倍ぐらい)、名前を変えることになりました。

「危険ドラッグ」という命名がされたときには、一般公募でしたね。
当時は、「廃人ドラッグ」や「脳傷ドラッグ」など良さそうな名前がたくさんありました。「危険ドラッグ」と決定した時は、政府を讃える声が相次ぎましたね。「センス半端ねえ!」「うちのおばあちゃんと同じレベルとはやるな」などなど。
では効果はどうだったのかというと、ちっとも減っていません。
それどころか、2015年はさらに1.4倍増、2016年も名称変更した年よりも全然減っていません。

具体的には、840(名称変更した年)→1196→920です

当時は、一般アンケートで、「危険ドラッグの名称効果はある?」なんてものがありましたが、70%が「効果ないと思う」と応えています。その通りになってしまっているのが現状のようですね。(2017年、2018年のデータはありませんでした)

スポンサーリンク

越前成旭へのネットの声

聖路加国際病院って、日本を代表する凄い病院だぞ・・・なにやってんのよ
ストレスか?あんたのとこの病院立派なんだから、診てもらえばよかったじゃねえか
医師が使ってたらさ、「医者も使ってた」「安全」とかいう文句で売り始める売人が出てくるんだよ。ふざけんな
危険ドラッグを使う奴は、医者として一生やっていけないと思う。そもそも信用がないもん。研究職になるしかないんじゃない。診療医としては致命的でしょ。治療されたくないよ
あーあ。医師として代償を考えなかったのかな。危険ドラッグを使うことはもちろんだけど、インターネットで購入なんてしたら、顧客リストから足つくのもわかるでしょうに・・
国内NEWS
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トマト箱