加藤敬二のパワハラの内容【劇団四季】自殺未遂の人気俳優Iさんは誰?

国内NEWS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あの劇団四季の人気俳優が、飛び降り自殺をしたことで注目を集めている。しかも原因はパワハラだというのだ。

〇パワハラ報道は、加藤敬二(56)
加藤敬二氏は、劇団四季の元トップダンサーで、「アラジン」「キャッツ」などの超人気作品の振り付けや演出を担当している超やり手である。劇団四季の中核となる大幹部と言える


〇自殺未遂をしたのは、一色龍次郎さん?
自殺未遂をしたIさんは、『四季の超人気ミュージカル「キャッツ」で、主役級キャスト“マジック猫”ミストフェリーズ役』に抜擢されたことがあるといいます。
 「キャッツ」の4月のキャストを見てみると、マジック猫”ミストフェリーズ”役は、一色龍次郎となっている。人気俳優Iさんと、完全に一致しているため、この俳優ではないかと噂になっている。「一色ミストめっちゃ好き!!」と女性ファンからの評判も上々です。

〇加藤敬二氏のパワハラ内容
劇団四季の関係者によると、
「加藤氏から罵倒され、無視されるようになった。2018年8月から始まった東京公演の【キャッツ】では、ミストフェリーズ役からも外されている」
演出中に厳しい言葉が飛ぶ監督や演出家の話はよく聞きますが、無視までしてしまうとそれはもう指導の域を越えているのは間違いないでしょう。時代錯誤な指導という言い方でもいいかもしれません。

〇劇団四季はパワハラなど訴えられない世界
劇団四季はヒエラルキー型組織として上下関係がはっきりとした組織で有名ですよね。そんな世界では、監督演出家の言うことは絶対です。一色龍次郎さんはパワハラを訴えるなど思いもしなかったのではないでしょうか。

〇劇団四季広報宣伝部のコメント

「俳優が、高所から落下したことは事実です。事故があったことを重大なことだと受け止め、事実関係や発生原因の究明を行い、再発を防止していくために、社外監査役を委員長とする調査委員会を立ち上げ、調査を依頼しました。(加藤氏のパワハラについては)調査結果には個人情報のみならず、関係者のプライベートに関わる内容も少なからず含まれています。そのため、調査の内容に関わることはお答えいたしかねます」

〇時間稼ぎをするな、誠意を見せよ
劇団四季からすれば、加藤敬二氏は超重要人物です。大きな権力を持っている人物と言えるでしょう。そのため、ネットでは「時間稼ぎをしてんじゃないの」「煙にまくのやめろ」と否定的なコメントが多い。しっかりと誠意のある対応をして欲しいものです

国内NEWS
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トマト箱